将来への備えと働き方

フリーランスとしての働き方を選ぶと、さまざまな不安を伴うことになるものだ。確かなバックボーンがないことによる収入面の不安が、その最たるものだろう。そのため、仕事を選ばずに受託する人も多く、時間と体力の消耗が続く中で将来への漠然とした不安を抱えることになるのだ。さらに、フリーランスに求められる役割としては、企業のコスト削減のための道具という面がある。決してその成長を望まれるわけではないので、自分自身で自分の管理を行わなければならない。つまり、将来のために必要となるスキルを磨くためには、仕事を選ぶことも大事だろう。
そのようなことから、時に仕事内容には合わない単価の仕事を受けることも必要となる。これは、生活費を稼ぐという意味では効率の悪いことであるが、将来への備えとして大切なことだ。また、同じ仕事をするのであれば、当然体力のある若いフリーランスの方が優先的に仕事を割り振られるようになるだろう。よって、歳を取ってからの働き方は、経験を活かしたものにシフトすることが求められる。つまり、若い世代にはできないような、知的労働を目指すことが重要だ。そのような方向性を示すことによって、これまでとは異なる仕事が舞い込むようになるものだろう。
社会では、常に対価に見合った仕事が必要とされるものである。単に体力と時間を消耗するだけの働き方から、それまでに得た経験を活かした形の働き方を模索することが大きなポイントなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です