独立をする前の準備

フリーランスとなった時、それまでのように給料が出るという形ではなくなることが、最も大きな不安につながる。直接利益につながらないような仕事であっても、サラリーマンとして勤めていれば給料が出るだろう。しかし、フリーになるとそうはいかない。そのため、仕事の量が直接収入につながりやすいのだ。うまくいっている時は余裕が出たとしても、仕事が切れてしまった時は収入がなくなる恐れもある。その結果、生活を安定させにくいということが不安につながりやすい。
フリーランスとして独立するのであれば、起業資金とは別に、ある程度の期間は生活に困らないような貯蓄を用意しておきたいものだ。特に、家族がいる場合は、生活を切り詰めるとしても限度がある。このような貯蓄をするということも、起業準備の一環として取り組んでおこう。また、ある程度仕事のめどがついた段階で、独立を考えるようにしたい。独立してから仕事を探すというのでは、仕事が取れない時期に収入が全くなくなってしまうからだ。後払いの仕事がほとんどなので、数か月収入がなくなるという可能性もある。まずは、大変でも副業などの形で本業をこなしながら、少しずつ企業のために準備をしていこう。
ある程度安定して仕事が取れるという見込みが出た後、本格的にフリーランスとして独立するというステップを踏めば、不安は大きく軽減できるのだ。安定した生活面と仕事を得るという2つをクリアするための準備を怠らないことが、成功へつなげるために必要といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です