フリーランスと呼ばれる職業に就く人は、まず開発会社や制作会社に勤め、のちに独立するというケースが多い。いきなり自分ひとりで開業しても、よほどの自己制作物が手元にない限り、突然クライアントと契約できるケースはほぼないといえる。現在は、クラウドソーシングなどを利用できる機会も増え、いきなり自分ひとりで飛びこむのも可能にはなってきた。しかし、やはりそれでも仕事に結びつくまでに厳しい現状があることに変わりはないだろう。
フリーランスとして仕事をしたくても、自分ひとりではなかなか仕事を取れないのが現実だ。会社勤めを経由してフリーランスになる人というのは、その在籍していた会社から個人として仕事を下請けできる環境がある。退職前に、そういった契約をしっかり取りつけてから独立するケースが多い。また、会社勤め時代に培った人脈や取得したスキル・経験・知識などは、大変強い武器となる。そういったことから、会社勤めを経てから独立する人が多いのだ。とはいえ、フリーランスで仕事をするに当たっては、いくら後ろ盾であろうと不安はつきまとう。自分が一人で仕事を請けることになるので、自分がもし働けなくなれば何の収入もない。いくら仕事を発注してくれるクライアントがいても、仕事をこなさなれば収入も当然ないのだ。
フリーランスのデメリットは、それらの「仕事があるのかどうか」という不安、「自分にもし何かあったら生活はどうなるのか」という不安を、常に抱えながらの環境になることといえる。しかし、フリーランスになるメリットも数多くあるからこそ、やりがいがあるのだろう。関連サイト▼△▼http://freelance-anxiety.net▼△▼